エコツアー専門旅行社 マザーネイチャー
母なる大自然へ Mother Nature

カナダ チャーチル
しろくま(北極グマ) ウォッチングツアー
エコツアー マザーネイチャーズ ホーム
カナダ シロクマツアー
カナダ ユーコン川 カヌートリップ
ニュージーランド ホエール ウオッチング
クルーガー サファリ
マレーシア オランウータンと世界遺産のキナバル公園

 カナダのマニトバ州のチャーチルはハドソン湾沿岸に位置し、しろくま(北極グマ)の首都とお呼ばれるほど北極グマを多く見ることができる町。チャーチル近辺のハドソン湾が一番早く凍り始め、 10月下旬になるとしろくま(北極グマ)はチャーチルに集まってきます。
 ホッキョクグマは世界にもわずか27000頭しか生息していない絶滅危惧種。そのうちの15000頭あまりがカナダに生息し、チャーチル近辺には約1000頭が生息しているとも言われています。 それがチャーチルが北極グマの首都とも言われる所以です。野生のしろくまをツンドラバギーに乗って見学してみませんか?
 きっとすばらしい感動があなたを待っているでしょう。
見学可能期間 10月末〜11月中旬  
ホッキュクグマ ・北極グマ
10月末から11月中旬まで海が凍るのを待ってハドソン湾を北上しアザラシ狩りにいきます。 オスで350〜675kg、 メス 150〜250kg。 チャーチルに約1000頭生息していると言われています。
北極ウサギ ・北極ウサギ
他にチャーチルで見られる野生動物として北極ウサギがいます。体長が55〜71cmと大変大きなウサギで耳が小さく先が黒いだけで雪と同化してしまいます。

 
赤キツネ ・赤キツネ
チャーチルは森林限界に位置し、様々な生態系が重なるところでもあります。
北極キツネと赤キツネが同時に見られる珍しい場所です。
北極キツネ ・北極キツネ
北極キツネはシロクマのおこぼれを狙ってシロクマの近くをうろうろしています。


カナダ チャーチル シロクマ マップ
エコツアー モデル日程
日次
都市
摘要
食事
1日目 東京(成田)

経由
ウィニペグ
成田から空路カナダまたはアメリカ各地へ
-----日付変更線-----
着後乗継 空路ウィニペグへ
ウィニペグ到着。徒歩にてホテルチェックイン
  【 フォーポイントホテル泊】
2日目 ウィニペグ


チャーチル
午前:徒歩にて空港へ 空路チャーチルへ
朝食はホテルからBOXをもちますが、機内でも簡単なスナック類がでます。
午後:到着後、エスキモーミュージアム、パークスカナダインフォメーションセンターへご案内します。
観光後自由行動
  【レイジーベアロッジ泊】
 
3日目 チャーチル 終日:グレイトホワイトベアーバギー(ツンドラバギー)にてシロクマ観察ツアーへ。この時期のチャーチル近郊には300頭近くのシロクマが集まっていると言われています。
海岸線まで迫った氷と雪、草木もほとんど生えていないツンドラ地帯を走ると、多い日で20頭近く観察できることもございます。

  【レイジーベアロッジ泊】
4日目 チャーチル 終日:レイジーバスの”ワイルドライフツアー”をお楽しみください。シロクマ観測用バギーで言った観察地とは違う場所に足を伸ばします。※シロクマだけでなくホッキョクギツネ、ライチョウ、ホッキョクウサギなども観察できるチャンスがあります。

  【レイジーベアロッジ泊】
5日目 チャーチル




ウィニペグ
午前:カルチャー&ヘリテージツアー
メリー岬、チャーチル港、シロクマ監獄へご案内いたします。
午後:=自由行動=
オプショナルツアー等をお楽しみください。
・ヘリコプターシロクマウォッチング
・極北犬ぞり体験
ノーザンスタディーセンターへ。
西ハドソン湾に生息するシロクマ、リサーチ、温暖化がシロクマに与える影響などのレクチャーを研究してるスタッフから受けます。チャーチル空港へ
夕刻:空路ウィニペグへ
着後徒歩にてホテルへ。朝食を受け取り、チェックイン
  【フォーポイントホテル泊】
6日目 ウィニペグ
経由
早朝 空路 各地乗継にて成田へ
  【機内泊】
7日目 東京(成田) 成田空港到着
エコツアー見積依頼

※標記旅行は(有)スペシャリストの手配旅行となります。モデルプランですので、ご希望の日程、目的地等、ご希望にあわせて手配致します。

Mother Nature(マザーネイチャー)
TEL:03-3868-2735 FAX:03-3544-5532  e-Mail info@mothernature.jp
〒104-0061東京都中央区銀座7-12-4 友野本社ビル6F  有限会社スペシャリスト(東京都知事登録旅行業第2-5301号)